大名小跡地活用事業ビル 1月12日~1月27日の変化

定点観測

旧大名小の跡地に建設中の,「大名小跡地活用事業」ビルの変化を定点観測しています。

大名小跡地活用事業ビル2022/1/12の状況~ガラスがはめ込まれていく

だんだん上に組み上がっている様子と,ガラスがはめこまれていく様子がよくわかります。

 

1月12日

1月12日の写真です。

クレーンの下に,青い網が見えます。この階を組み上げていくスタートですね。

目印は,その下の階,白い△が横に4つ並んでいます。これを目印にしてみてみましょう。

ガラスは,△の目印から8つ下の階まで貼られています。

スポンサーリング
2022年1月12日

1月18日

1週間経った1月18日の写真です。

目印の4つの△の上の階は組み上がって,網がすべてはられています。

ガラスは,向かい合っている面の方は,△の目印から6つめのところまで貼られています。

2022年1月18日

1月27日

10日近くたった,1月27日の画像です。

△の目印から2つ上の階の網がはられているところです。

ガラスは,目印から2つしたまで貼られています。左の面を同様にどんどん上がっていきますね。

1月27日

大名校区の公民館だよりを見ると,現在20階を建設中ということでした。

リッツ・カールトンホテルは,17階から上になるということですから,すでにホテル部分が建設中ということになりますね。

リッツ・カールトンホテルについてはこちら

大名小跡地 リッツカールトンホテルとは?現在の建設の状況

12日から27日までのおよそ2週間で2階分ほど組み上がっていますので,あと5階となると10週間。3ヶ月たらずで最上階が完成するということでしょうか。

4月頃,最上階が見えるということですね。

完成すると,111メートルになるそうです。

楽しみですね。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
Fuku☆Walker

1966年から福岡にすみ,その変遷を目の当たりにしてきました。

まだ路面電車が走っていた昭和の時代から,天神ビッグバンの令和の時代
まで,55年も住んで福岡のことを知り尽くしたFukuWalkerがお届けする福岡愛にあふれたブログです。

Fuku☆Walkerをフォローする
定点観測
Fuku☆Walkerをフォローする
fukuwalkerの福岡散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました